昨日の夕食は手軽に出来る瓦そばをホットプレートで作って食べました。具材に牛肉を甘辛く味付けして椎茸の変わりに冷蔵庫にあった茸のしめじを使い味を付け錦糸卵は面倒だったのであえて炒り卵にしました。忙しい時や仕事で疲れた時に我が家では頻繁に瓦そばをホットプレートで作って食べます。温めたつゆにパリパリの麺を浸けて味の付いた具材と一緒に食べると美味しいです。他県の友人と話をしている時に偶然瓦そばを食べた話をすると友人からそれはどんな食べ物なのか聞かれて初めて瓦そばは下関の郷土料理だと言う事を知りました。普段から身近に合って各家庭でも食べられるようになって作る家庭も増えたので気にしていなかったが他の県からしたら珍しいと知りました。一度だけ瓦そばのお店に友人を連れて食べに行くと瓦に茶そばが乗っていて茶そばの上に味付けされた具材が綺麗に乗っているのを見て感動された食べた後に美味しかったと言われて嬉しく成りました。www.shoponwheels.net

2014年に月9(初の時代劇)で放映していたドラマの劇場版です。月9で放映していた時は、毎週楽しみにしていたので、劇場版が封切りとなり嫁と一緒に観に行くはずだったが、なかなか予定が合わずあれよあれよとしているうちに上映が終わってしまったので、DVDレンタルが開始するのを心待ちにしていた作品です。今月20日にレンタルスタートとTSUTAYAの店頭ポスターで知り、早速週末TSUTAYAに借りに行き、やっと鑑賞することができました。原作が2009年からスタートした小学館の月間漫画雑誌「ゲッサン」に連載していたのをドラマを見るまで知らなかった。時代背景は戦国の一番激アツだった時代、安土桃山時代言わずと知れた、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康が活躍する天下取りのために壮絶に戦があった時代。とはいえ原作は漫画、後半歴史的記述とは、ずれが生じたので結末がどうなるか気になってしょうがなかった。でもとてもスッキリとした終わり方だったので観てよかったと思いました。何気にハッピーエンドかな?
豪華俳優陣も見ものです。
織田信長=小栗旬
豊臣秀吉=山田孝之
徳川家康=濱田岳
池田恒興=向井理
帰蝶  =柴咲コウhttp://www.xtreme-modders.org/

ToMoMIがお伝えする
「マジで最高にかっけー女性」
第一弾です。

フジコ・ヘミングというピアニストがいます。
音色や演奏技術がうんたらという話はおいといて、人生が既にかっこいいです。
北欧の建築家の父親と日本人ピアノ講師の母親を持つハーフ。
クラシック音楽に限らずですが、ノーミスを求められるこの世界において
「間違ったっていいじゃない。機械じゃないんだから。」
と言い放ったすごい人。
人間性の表現という芸術の世界とノーミスという職人の世界の矛盾をうまくついて、さらに許してくれちゃうところがすごい。
だったら彼女の演奏はミスだらけの欠陥品なのかっていうとそこは軽々と世界トップクラスに数えられるレベルの高さです。

ガッコー(青山学院中等部、高等部)の授業をサボって映画ばかり観ていたという彼女の
「その方が勉強になると思った」
には強くうなずきます。
こちらも勉強苦手だから(笑)
というのもあるけれど、芸術家としてはそれで正解なんですよ。
色彩豊かな表現力はそれで身についたんじゃないかな。

一度生で演奏を聴いてみて下さい。
クラシック・ファンなら魅了されること間違いなしです。http://www.gogavingear.com/

20代に入り、友達が続々結婚、出産をしていき、友達と会う際は子供も一緒にということが多くありました。私は子供は好きだったので、友達の子供ということもあり可愛くてすごくメロメロでした。大変だなと感じることもありましたが、みんな楽しそうでいいなと思っていました。そして私も結婚。旦那も子供好きなため子供早くほしいねと言っており、結婚して2か月で子供を授かることが出来ました。私はもともと健康がとりえみたいなくらい元気だったので、何事もなく出産するものだと思ってました。ですが、胎盤に近くで出血がみつかり、絶対安静状態になりました。安静期間は約2か月あり、その間はベットとトイレの往復のみでした。家事はほとんど旦那に頼りっきりになってしまい、ストレスもだいぶありました。2か月過ぎ、絶対安静は取れましたが、やはりできることは限られていますし、体調も万全とはいえない日々です。自分の母を含め、ママになっている人達はほんとうにすごいと思います。まだ出産終えたわけではないので、これからもっと大変だとは思いますが、元気なわが子に会えるように頑張っていきたいと思います。http://www.howtopaintacar.net/