加害者は何もなかったかのように生活をしています

3年前、酷いパワハラが原因で心の病になってしまいました。
仕事を理不尽な理由で辞めさせられ、しかも自己都合退職扱いにされたのです。
そういう心の傷はずっと残ったままになってしまいます。
自己都合退職扱いされたその出来事があった7月になると、毎年体調を崩します。
それまでは全然平気だったのに、心がざわつきます。

裁判も起こしました。
その際にパワハラ加害者のことを色々調べてもらいました。
すると過去にも自分の言うことを聞かない人がいた時に精神的に追い詰めて退職に追い込んだことがある、ということが分かりました。
前科があったのです。

それなのに会社は処罰をすることもしていません。
何事もなかったかのように今でもその会社で横柄な態度を取りながら仕事をしているそうです。
自分のミスは部下のミス、部下の手柄は自分の手柄、自分の思う通りに動かないやつは人として失格だ、と言っているそうです。

そうやって加害者って自分がやったことを反省せずに生きていくんだな、と思うと悔しいとしか言いようがなくなってしまいます。
国もハラスメントに関する法律を制定するべきなのに、いつまでも制定しないことを疑問に思います。ブライダルエステで痩身を希望する人が多いのです