フジコ・ヘミングという女性

ToMoMIがお伝えする
「マジで最高にかっけー女性」
第一弾です。

フジコ・ヘミングというピアニストがいます。
音色や演奏技術がうんたらという話はおいといて、人生が既にかっこいいです。
北欧の建築家の父親と日本人ピアノ講師の母親を持つハーフ。
クラシック音楽に限らずですが、ノーミスを求められるこの世界において
「間違ったっていいじゃない。機械じゃないんだから。」
と言い放ったすごい人。
人間性の表現という芸術の世界とノーミスという職人の世界の矛盾をうまくついて、さらに許してくれちゃうところがすごい。
だったら彼女の演奏はミスだらけの欠陥品なのかっていうとそこは軽々と世界トップクラスに数えられるレベルの高さです。

ガッコー(青山学院中等部、高等部)の授業をサボって映画ばかり観ていたという彼女の
「その方が勉強になると思った」
には強くうなずきます。
こちらも勉強苦手だから(笑)
というのもあるけれど、芸術家としてはそれで正解なんですよ。
色彩豊かな表現力はそれで身についたんじゃないかな。

一度生で演奏を聴いてみて下さい。
クラシック・ファンなら魅了されること間違いなしです。http://www.gogavingear.com/